ヴュルツブルクのレジデンツ宮殿 (Würzburg Residence)

宮殿庭園と宮殿広場のあるヴュルツブルクのレジデンツ宮殿は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されました。このヴュルツブルク領主司教の居城は1720年から1744年に建てられました。有名な階段の間は支えのないアーチ型天井が特徴です。天井に描かれたフレスコ画は、ヴェネツィアの画家ジョヴァンニ・バティスタ・ティエポロによるもので世界最大級です。このヴュルツブルク領主司教の居城は1720年から1744年にバルタザール・ノイマンの設計で建てられました。有名な階段の間は支えのないアーチ型天井が特徴です。世界最大級の天井フレスコ画は、ヴェネツィアの画家ジョヴァンニ・バティスタ・ティエポロによるものです。1752年から1753年にかけて、当時知られていた四大陸の寓話を描きました。部屋の配列も素晴らしく、エントランスホールからガーデンホール、階段の間と白の間を抜けると皇帝の間があります。階段の間と同じようにティエポロによるフレスコ画が描かれています。

特に注目すべきは完全に復元された鏡の間で、1987年に一般向けに再公開となりました。儀式用の部屋には、ヴュルツブルクのロココの傑作がいくつか含まれています。宮殿庭園は18世紀の終わりに造園家ヨハン・プロコプ・マイヤーによって設計されました。ヨハン・ペーター・ワーグナーによる彫像が特徴です。17世紀から18世紀のヴェネツィアの絵画は州立美術館に展示されています。

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

追加情報:

Residenz Würzburg
Residenzplatz 2
97070 Würzburg
電話番号: +49 (0)931 355170
FAX: +49 (0)931 3551725
メール: sgvwuerzburg@bsv.bayern.de
トップページ: http://www.residenz-wuerzburg.de


ヴュルツブルクのレジデンツ image.enlarge
ヴュルツブルクのレジデンツ © BAYERN TOURISMUS Marketing