プファッフェンヴィンケルのヴィース巡礼教会 (Wieskirche)

プファッフェンヴィンケル地方には、有名な鞭打たれるキリストのヴィース巡礼教会があります。シュタインガーデン村のこの教会は、世界で最も有名なロココ様式教会の一つです。

教会の中央には鞭に打たれるキリストの像があります。1738年6月14日、農婦マリア・ロリーは、鞭打ちの柱のキリスト像が涙を流すのを見ました。この奇跡がシュタインガーデン村近くのヴィースにある「鞭打たれるキリスト」巡礼へと人々を駆り立てたのです。訪れる人の数は徐々に増え、1745年から1754年にかけてドミニクス・ツィンマーマンよって教会が建てられました。

教会はロココ様式の最高の装飾がされています。世界中から毎年約百万人の人々が訪れます。その多くは巡礼者ですが、ヴィース巡礼教会を訪れる人の目的はさまざまです。教会の見学、祈り、礼拝、夏のコンサート、そして鞭で打たれるキリストの前での瞑想のためです。

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

追加情報:

Pfarramt Wieskirche
Wies 12
Steingaden
電話番号: +49 (0)8862 93 2 93-0
FAX: +49 (0)8862 93 2 93-10
トップページ: http://www.wieskirche.de


ヴィース教会-巡礼教会 image.enlarge
ヴィース教会-巡礼教会 © Fotolia