ユネスコ世界遺産

バイエルンのユネスコ世界遺産は、ヨーロッパの歴史において大事な意味を持っています。宮殿、教会、旧市街などが、私たちに印象的な物語を語ってくれます。

バンベルク大聖堂

バンベルク旧市街 (Bamberg) »

中世の町並みが今も美しいバンベルク旧市街は、伝統ある3つの中心部から成っています - 司教の町、島の町、そして野菜園芸の町です。

バイロイトの辺境伯オペラハウス

バイロイトの辺境伯オペラハウス (Bayreuth) »

1746年から1750年に建てられたバロック様式の劇場建築の傑作です。オペラハウスとしては唯一完全な形を残しています。中に入ると、まるでその時代へタイムトラベルしたかのような気分になります。

レーゲンスブルク - Regensburg

レーゲンスブルク-ドイツで最も保存状態の良い中世の町 (Regensburg) »

古い石橋は中世の建築における傑作で、その美しさはまるで絵のようです。地元の人々にも観光客にも人気があります。中世における政治的、経済的、宗教的な発展がこの町に反映されています。レーゲンスブルクの旧名はラティスボナで、179年にローマ皇帝マルクス・アウレリウスによって築かれました。のちにバイエルンの最初の首都となり、神聖ローマ帝国皇帝による帝国都市になりました。

ヴュルツブルクのレジデンツ

ヴュルツブルクのレジデンツ宮殿 (Würzburg Residence) »

宮殿庭園と宮殿広場のあるヴュルツブルクのレジデンツ宮殿は、1981年にユネスコ世界遺産に登録されました。このヴュルツブルク領主司教の居城は1720年から1744年に建てられました。

南ドイツのローマ時代の国境線リーメス (Limes) »

かつての要塞、見張り塔、広大な邸宅、そして温泉浴場。古代のローマ帝国の国境は考古学的発掘により明らかになりました。

ヨーロッパでは湖の住居

バイエルンの世界遺産、湖上の住居 (Lake dwellings) »

バイエルンの「アルプス山系の先史時代杭上住居跡群」は国境を超えたユネスコ世界遺産として公式に認められました。

ヴィース教会-巡礼教会

プファッフェンヴィンケルのヴィース巡礼教会 (Wieskirche) »

プファッフェンヴィンケル地方には、有名な鞭打たれるキリストのヴィース巡礼教会があります。シュタインガーデン村のこの教会は、世界で最も有名なロココ様式教会の一つです。