ニュルンベルク・ソーセージ 

オリジナルのニュルンベルクの焼きソーセージは大変めずらしいものとして国内でも国外でもよく知られています。
この洗練されたソーセージの伝統は14世紀から続いています。専門の豚肉の肉屋だけがニュルンベルク・ソーセージの製造を許可され、毎日皇帝御用達の肉屋と「肉屋代表団の審議」のマーケット担当官に差し出すことを義務とされていました。彼らはレシピの順守、食感、肉、水、などの材料を厳しくチェックしました。不合格のソーセージは二流品としてペグニッツに航空便で送られました。

この職人伝統とユニークさを理由に、ニュルンベルクのソーセージは地理的表示保護に登録されました。特別に設立された保護団体ニュルンベルク・ソーセージ法人によって2003年にEUで成し遂げられました。ニュルンベルク・ソーセージは料理の歴史にまで影響を与えました。ニュルンベルク・ブラートヴルストグレックラインは、このめずらしい小さなソーセージによってドイツで最も有名な宿となりました。食べ方にもいろいろあります:6、8、10、12本というように注文し、西洋わさびやザウアークラウトまたはポテトサラダを付け合わせます。オニオン漬けのビネガーを使って煮たものは「ブラウエ・ツィプフェル」と呼ばれ、丸いパンに3本はさんだヴェックラ、2本の生のソーセージを叩いてタマネギと合わせたゲヘックヴェックラ、または1本をフォークで食べる方法もあります。

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

ニュルンベルクソーセージ image.enlarge
ニュルンベルクソーセージ © Nuremberg Convention and Tourist Office