バイエルンの国立公園と自然公園

バイエルン州の環境・保健・消費者保護省によって保護されている2つの自然公園は、自然の原野と動植物の高い多様性を象徴しています。

バイエルン森林国立公園 (Bavarian Forest National Park) »

手つかずの山の景色が訪れる人々を魅了します。ほぼ95パーセントが森に覆われています。国立公園内には広大な森林地帯が多く、山の上から見る森の風景は素晴らしいものです。

Koenigsseeの

ベルヒテスガーデン国立公園 (Berchtesgaden National Park) »

ベルヒテスガーデン国立公園はアルプスで最も古い保護地域の一つで、南ドイツのバイエルンの町ベルヒテスガーデンに近いアルプス山脈の一部です。この公園は1978年にバイエルン州政府の命令よって設立されました。

アルトミュールタール自然公園

アルトミュールタール自然公園(Nature Park Altmühltal) »

アルトミュールタール自然公園はバイエルンの中央にあります。最も美しく有名なのは、ケルハイムとヴェルテンブルク修道院の間にあるドナウ渓谷、ゾルンホーフェンのそばにある十二使徒の岩壁、ヴォルフスブロンのそばの自然のモニュメント「シュタイネルネ・リンネ」です。

Aerial view on Saaleck castle

自然公園とユネスコ - ユネスコエコパーク・レーン (Nature Park Rhoen) »

バイエルンのレーン山地自然公園は、ドイツの中央、バイエルン、ヘッセン、チューリンゲンの3つの州にまたがって位置します。1991年にこの自然公園の大部分が、世界遺産で知られる機関ユネスコによってユネスコエコパークに認定されました。未来の地域-自然公園とユネスコ-ユネスコエコパーク・レーン


バイエルンの森自然公園 image.enlarge
バイエルンの森自然公園 © Nationalparkregion Bayerischer Wald / Manfred Delpho