美術館・博物館

ミュンヘンのハウス・デア・クンスト

常に変化するミュンヘンのハウス・デア・クンスト (Haus der Kunst Munich) »

ミュンヘンのハウス・デア・クンストは所有コレクションを持たない世界的にも重要なミュージアムで、ドイツにおける現代アートの世界的な中心地です。現代アート史の多様性に基づいて、重点的な展示会、研究、教育を行っています。

バイエルン王の博物館

バイエルン王の博物館 (Museum of Bavarian Kings) »

新しくオープンしたバイエルン国王博物館です。バイエルンのメルヘン王ルートヴィヒ2世と王家に関する博物館です。

ヴュルツブルクのマリエンベルク要塞と領主館博物館

ヴュルツブルクのマリエンベルク要塞と領主館博物館 (Fortress Marienberg Würzburg) »

堅牢な堡塁に守られているマリエンベルク要塞には、要塞と町の歴史がわかる二つの博物館があります。マリエンベルクの丘の上に最初の集落ができたのは後期青銅器時代のことでした。8世紀初頭にフランケン=チューリンゲン公が教会とともに小さな城塞を建てたと言われています。

帝国党大会会場文書センター

帝国党大会会場文書センター (Documentation Centre Party Rally Grounds in Nuremberg) »

1,300平方メートルのスペースでは「ファシズムと恐怖政治」をテーマとした常設の展示が行われています。

アルブレヒト・デューラーの家

アルブレヒト・デューラーの家 (Albrecht-Dürer-House) »

「デューラーの時代へ」。この家は有名な画家アルブレヒト・デューラー(1471-1528)の住まいでありアトリエでもありました。デューラーの家は、今も昔のニュルンベルクの雰囲気が残る旧市街にあります。デューラーは1509年に建てられた木骨組みの家を購入し、1528年に亡くなるまでここで暮らしました。

ガブリエレ・ミュンターハウス

ムルナウのガブリエレ・ミュンター・ハウスと城博物館 (Münterhaus and Schloßmuseum Murnau) »

この博物館ではムルナウに関連する重要な20世紀のアートと文学を重点に展示を行っています。青騎士メンバーの絵画です。 この田舎風の建物は、当時はまだムルナウの郊外であった静かな場所に1908年に建てられました。一年後に画家ガブリエレ・ミュンター(1877-1962)がこの家を購入しました。

アウクスブルクのモーツァルトハウス

アウクスブルクのモーツァルトハウス (Mozarthaus Augsburg) »

モーツアルト記念館ではヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの父ルイポルト・モーツァルトの生涯と作品について紹介しています。

リヒャルト・ワーグナー博物館

バイロイトのリヒャルト・ワーグナー・ミュージアム (Richard Wagner Museum Bayreuth) »

このミュージアムには主なものとして、バイロイトのリヒャルト・ワーグナー記念館、リヒャルト・ワーグナー財団のドイツ公立資料館、リヒャルト・ワーグナー財団研究センターが含まれます。

Lenbachhaus - レンバッハハウス

ミュンヘンの市立レンバッハハウス美術館とクンストバウ (Lenbachhaus Munich) »

カンディンスキー、マルク、ミュンター、クレー、マッケ、ヤウレンスキーやそのほかの青騎士のメンバー、例えばベヒティエフ、ボッシ、ヴェレフキンなどのめずらしいコレクションを所蔵しています。これらは第一次世界大戦前の10年間における、ミュンヘンの古典的モダニズム芸術への貢献の記録です。


ブランドホルスト博物館 - Museum Brandhorst image.enlarge
ブランドホルスト博物館 - Museum Brandhorst © Museum Brandhorst