ミュンヘンのヴァイスヴルスト(白ソーセージ)

タマネギとパセリで風味づけした子牛と豚肉のソーセージです。バイエルンの甘いマスタード、ブレッツェル、そしてバイエルンのビールと共に楽しみます。ヴァイスヴルストは皮をむいて食べますが、むき方にはいろいろあります。

ヴァイスヴルストを朝のうちに食べる伝統は、最近まで守られてきました。現在では生ではなく、ほとんどが「ブリューヴルスト(茹でたソーセージ)」として作られて冷蔵で売られています。にもかかわらず、この伝統は今もバイエルンで続いています。ヴァイスヴルストは午後に食べてはいけません。沸騰していないお湯で温めて、温かいままいただきます。バイエルンの甘いマスタードを付けて、ブレッツェルとバイエルンビールと共に楽しんでください。ヴァイスヴルストは皮をむいてから食べますが、むき方にはいろいろあります。


ミュンヘンのヴァイスヴルスト(白ソーセージ) image.enlarge
ミュンヘンのヴァイスヴルスト(白ソーセージ) © Bayerisches Staatsministerium für Landwirtschaft und Forsten