バイロイトのエレミタージュ (Hermitage Bayreuth)

1715年、辺境伯ゲオルク・ヴィルヘルムがバイロイトの居城都市のそばに旧宮殿を建てました。1753年にフリードリヒ辺境伯が辺境伯領を引き継いだ際に、妻ヴィルヘルミーネにエレミタージュ宮殿を贈りました。

めずらしい建物群に魅了され、辺境伯夫人はすぐに宮殿の拡張を開始しました。まずはこの旧宮殿に、音楽の間、日本の間、中国風の鏡の間などを新設しました。ヴィルヘルミーネはここで回顧録を記したといわれています。1743年から1745年にかけて、フリードリヒ辺境伯のエレミタージュ、廃墟の劇場、下の洞窟などのさまざまな建物と噴水が建築家ヨーゼフ・サン・ピエールによって建設されました。新宮殿と上の洞窟は1749年から1753年にかけて造られたものです。

ヴィルヘルミーネがもともとあった庭園に新しく加えたのは、垣根の庭やあずまや、水道設備などの伝統的なバロックの装飾でした。当時このタイプの庭園はドイツ全体を見てもほかにありませんでした。エレミタージュは18世紀の庭園としては大変めずらしいものです。

エレミタージュ宮殿庭園

1735年以降、ヴィルヘルミーネ辺境伯夫人は辺境伯ゲオルク・ヴィルヘルムが造らせた庭に、さらに植込みや並木道、噴水などを加えました。伝統的なバロックの要素を取り入れましたが、実際には典型的なバロックの庭ではありません。庭園の造りはメインの軸線を中心とせず、それぞれの庭園の部分は独立しています。これはバロック全盛期の造園思想とは違っています。

上の洞窟、下の洞窟のある辺境伯のエレミタージュ、「廃墟の劇場」、そのほかの小さな建物を持つ新宮殿は、現在も一番目立っています。エレミタージュ宮殿庭園は18世紀の終わりに、自然のままの木や草地のある風景式庭園に変えられました。19世紀まであった庭園の一部が、ここ30年間で再建されました。

バイロイトのエレミタージュの開館時間
•  4月 〜 9月, 9:00〜18:00
•  10月1日〜 10月15日, 10:00〜16:00
•  10月 16日〜 3月末 閉館

追加情報:

Schloss- und Gartenverwaltung Bayreuth-Eremitage
Ludwigstraße 21
95444 Bayreuth
電話番号: +49 (0)9 21 7 59 69-0
FAX: +49 (0)9 21 7 59 69-15
メール: sgvbayreuth@bsv.bayern.de
トップページ: http://www.bayreuth-wilhelmine.de


バイロイトのエレミタージュ image.enlarge
バイロイトのエレミタージュ © Tourismusverband Franken e.V.

バイロイトの辺境伯オペラハウス (Bayreuth) »

1746年から1750年に建てられたバロック様式の劇場建築の傑作です。オペラハウスとしては唯一完全な形を残しています。中に入ると、まるでその時代へタイムトラベルしたかのような気分になります。

バイロイトの辺境伯オペラハウス