ドイツアルペン街道

アルペン街道は、バイエルン・アルプスを西のボーデン湖から東のケーニヒス湖まで結んだ全長450キロメートルの観光街道です。ここでしか見られない風景が広がっています。旅行者の多くはフリードリヒスハーフェン空港からアルゴイ・ヴァルザー・エクスプレス社の空港シャトルサービスを利用して、例えばオーバーシュタウフェンに向かいます。ここはドイツでも最も有名なスパリゾート地の一つで、アルゴイアルプスにあります。温泉地での休暇はドイツ人に大変人気があります。オーバーシュタウフェンの周辺だけでも80のホテルがウェルネスプログラムと美容トリートメントを提供しています。最近では高級スパ施設でもさまざまな内容のメニューを用意しています。

アウトドアスポーツ

オーバーシュタウフェンを出発し、連邦道路308号線をさらに進みます。インメンシュタットを通り、豊かな緑の森や牧草地を抜けると、標高約1,200メートルのプレアルプスで最も高い山々が並んでいます。グローサー・アルプ湖を眺めながらドイツ最南端の村オーベルストドルフに向かいます。

アルプスではアウトドアが楽しめます。例えば、オーベルストドルフではスキージャンプ競技場で綱渡り体験ができます。ジャンプ台の足の間に張られたワイヤーは地上30メートルの高さです。また、スキージャンプを学ぶコースもあります。最も小さい台からのジャンプでも、相当の勇気が必要であることがわかるでしょう。このコースはスキー上級者のみを対象としています。一日だけの参加も可能です。(スカイウォーク綱渡りパーク: www.impulscompany.de)

この地方の山並みは登山者にとって自然の恵みです。ドイツで最も古い登山学校の一つ、オーバーアルゴイ登山学校があります。専門家のベルント・ツェーヘトライトナーが、安全な梯子とスチール製のロープを使った登山方法やルートについて指導しています。

そのほかの人気スポーツは、オーベルストドルフからクラインヴァルザー渓谷へのハイキングです。この渓谷は少し変わったところです。実際にはオーストリアに属し、オーストリアの法律に従っていますが、バイエルンが統治し、ドイツの関税と郵便サービスが適用されています。しかし切手はオーストリアのものを使っています。現在のスイスからヴァルザー民族がやってきて定住したという歴史があります。女性たちは今も伝統的な昔風の黒い服を着て茶色の毛皮の帽子を被っています。

スポーツ-「キャニオニング」

ヨーロッパで最も美しい峡谷と言われるブライタッハ峡谷では自然の驚異に圧倒されます。渓谷は深く、時に狭く、ブライタッハ川の激しい流れはラフティングファンも魅了します。
バイエルンでは大自然の中で楽しむマウンテンバイクに大変人気があります。気軽にサイクリングをするならば、オーベルストドルフからフィッシェンまでがおすすめです。イラー谷に沿って平らな場所やアスファルトの道路を40分間ほど走ります。フィッシェンは連邦道路19号線上にあるかわいらしい小さな村です。5つの村が一緒になったヘルナーデルファーと呼ばれる地域があり、フィッシェンはその一つです。オーベルストドルフとクラインヴァルザー渓谷から北へ数キロメートルの距離にあります。オーバーマイゼルシュタインとオフターシュヴァングは澄んだ山の空気と水で知られています。ドイツで最も高いところにある道路リードベルク峠の先にバルダーシュヴァングがあります。ここは冬の間は常に雪があることから、スキーヤーと登山家が集まります。5つ目の村ボルスターラングではとてもおいしい山のチーズが食べられます。ヘルナーデルファーにはドイツで最長クラスのトボガンぞり専用のコースがあります。その長さは約3キロです。

アルペン街道を隣のスパリゾート地、バート・ヒンデラング方面へ戻ってみましょう。ここも重要な温泉地の一つです。バートとはドイツ語で風呂やスパを意味します。自分へのご褒美としての滞在で心も体も若返ります。ガルミッシュ・パルテンキルヒェンはドイツでも一流のスキーリゾート地です。ミュンヘンの南西80キロメートルに位置し、ドイツ最高峰ツークシュピッツェ山のふもとにある町です。連邦道路2号線が走っています。1936年に開催された冬季オリンピックに向けて2つの町が一緒になりました。それぞれ特徴が異なります。ガルミッシュは洗練された高級なイメージで、一方のパルテンキルヒェンは親しみやすく、より伝統的な魅力を持った町です。

ドイツで一番高いところ

ガルミッシュで十分楽しんだとしても、ドイツ最高峰ツークシュピッツェ山に登ることなく帰るわけにはいきません。この登山の旅は素晴らしい体験になることでしょう。アプト式のバイエルン・ツークシュピッツェ登山鉄道を利用してシュネーフェルン氷河の上まで登り、シュネーフェルン・ロープウェイに乗り換えて頂上を目指します。帰りにアイプゼー・ロープウェイで下れば、アイプ湖の素晴らしい眺めを楽しめます。夏でも暖かい服装が必要です。冷たい風が氷の上を吹き、冬は氷点下30度まで下がることもあります。山頂からはオーストリア、イタリア、スイスを見渡せます。ドイツ最高地点の郵便局からは絵ハガキも送れます。結婚式を挙げることも可能です。

ガルミッシュからオーバーバイエルン地方を抜けてバート・テルツに向かいます。

街道の終点

数キロメートル先には、キームガウ・アルプスのルーポルディングという村があります。マス釣りやウィンタースポーツのほか、ライフル射撃とスキーまたはランニングを合わせたバイアスロン、クロスカントリー大会でよく知られています。ルーポルディングには急こう配の斜面があり、ハンググライダーやパラグライダーに適しています。町とその近郊に40ものゴルフコースがあります。しかし、人々が最も感激するのは登山道です。トラウン川沿いのコースは特にノルディック・ウォーキングにおすすめです。途中には伝統的な山小屋もあり、どの道を進んでもバイエルン・アルプスの山頂にたどりつきます。

空高く飛ぶ鷲に出合うこともあります。ここはドイツで最も雄大な景色が広がるベルヒテスガーデナー・ランドです。ベルヒテスガーデンには素晴らしい国立公園があります。ここはかつて独立した領地でした。ヴィッテルスバッハ宮殿があります。ここに1955年まで暮らしていたバイエルン王国最後の王の息子、ルプレヒト皇太子の芸術コレクションが展示されています。ベルヒテスガーデンの権力と富は、白い金と呼ばれた塩によってもたらされました。岩塩鉱山は見学が可能です。見学の際には特別な防護ズボンを履きます。トロッコに乗って1キロ奥に進んで行くと塩の結晶がきらめく高い丸天井の空間に到着します。そこからはさらに進んで下へと向かいます。長い滑り台を使って下りると地下には池があり、そこからはボートに乗ります。最後はリフトとトロッコを利用して見学は終了です。
 

 

追加情報:

Touristikverein Deutsche Alpenstraße c/o
Alpin Consult
Siedlerstraße 10
83714 Miesbach
電話番号: +49 (0)8025 9244952
FAX: +49 (0)8025 9244593
メール: info@deutsche-alpenstrasse.de
トップページ: http://www.deutsche-alpenstrasse.de


Motorway image.enlarge
Motorway © BAYERN TOURISMUS Marketing