バイエルンの城、庭園、湖

バイエルンには、思わず息を呑むほど美しい宮殿、城、要塞があります。ここで詳しく説明します。
ルートヴィヒ2世は世界的に有名なメルヘンの城を建てました。自分自身の城でしたが、彼のおかげでバイエルンの建造物が有名になったことも事実です。しかし、これらの城が全てではありません。さまざまな時代の偉大な建築家たちがバイエルンに素晴らしい建物を残しました。現在も私たちが訪れ、楽しめるものです。

詳細はバイエルン州立城庭園湖沼管理局のサイトをご覧ください。

バイエルンの城や古城、宮殿、歴史ある庭園施設や湖について。
バイエルン州立城庭園湖沼管理局はバイエルンの伝統ある管理機関です。

選帝侯や王家の宮廷を管理するために組織されました。現在は、ドイツでも大規模なバイエルン州立ミュージアムを擁する45の城、古城、宮殿を管理しています。このほか多くの豪華な王宮庭園、城庭園、庭園施設や湖なども含まれます。ここにしかないヨーロッパの建築術と芸術品の調和を見ようと世界中から毎年5百万人以上が訪れます。

詳細はこちらwww.schloesser.bayern.de

 

ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城 (Neuschwanstein Castle) »

ノイシュヴァンシュタイン城はルートヴィヒ2世のために1869年から1886年にかけて険しい崖の上に建てられました。「中世のドイツの城の本物の精神を実現させること」が目的でした・・・

ニンフェンブルク城

ニンフェンブルク城 (Nymphenburg Palace) »

ニンフェンブルク城は17世紀から19世紀にかけて建てられたバイエルンの選帝侯と王家の夏の離宮です。

ノイエ・レジデンツバンベルクカイザー

バンベルク新宮殿とバラ庭園 (Bamberg New Residence and Rose Garden) »

4つの棟をもつ新宮殿の建設は1613年から1703年にかけて行われました。化粧漆喰の天井を持つ40以上の儀式の部屋があり、家具やタペストリーは17世紀から18世紀のものです。

ヴュルツブルクのレジデンツ宮殿

ヴュルツブルクのレジデンツ宮殿 (Würzburg Residenz) »

かつてのヴュルツブルク領主司教の居城は、1720年から1744年にかけて建てられ、完成したのは1780年のことです。ヨーロッパでも最も重要な宮殿の一つでユネスコ世界遺産に登録されています。

バイロイトのエレミタージュ

バイロイトのエレミタージュ (Hermitage Bayreuth) »

1715年、辺境伯ゲオルク・ヴィルヘルムがバイロイトの居城都市のそばに旧宮殿を建てました。

ニュルンベルクのカイザーブルク城

ニュルンベルクのカイザーブルク城 ( Imperial Castle of Nuremberg) »

ニュルンベルクにあるカイザーブルク城はザリエル王家によって建てられ、フリードリヒ・バルバロッサと彼の後継者たちによって拡張されました。中世で最も重要な皇帝の城の一つです。

ミュンヘンのレジデンツ宮殿

ミュンヘンのレジデンツ宮殿 (Munich Residenz) »

ヴィッテルスバッハ家は、何世紀にもわたって14世紀に建てられた水城の改築を行い、王家の居城と政府官庁という二つの機能を持った豪華な宮殿が出来上がりました。

ヘレンキームゼー城

ヘレンキームゼー城 (Royal Palace of Herrenchiemsee) »

ヘレンキームゼー城はゲオルク・ドルマンとユリウス・ホフマンによって設計されました。ルートヴィヒ2世が長い間抱いていた夢「新ヴェルサイユ宮殿」を絶対王政のシンボル、歴史主義様式のオリジナルの作品として実現させました。

リンダーホーフ庭園

リンダーホーフ城 (Linderhof Palace) »

リンダーホーフ城はルートヴィヒ2世の「王家の別荘」です。彼の父親マキシミリアン2世の狩猟小屋「王の小屋」をもとに造られました。


ヘレンキームゼー image.enlarge
ヘレンキームゼー © Priener Tourismus GmbH