バイロイトの辺境伯オペラハウス (Bayreuth)

1746年から1750年に建てられたバロック様式の劇場建築の傑作です。オペラハウスとしては唯一完全な形を残しています。中に入ると、まるでその時代へタイムトラベルしたかのような気分になります。
2012年6月に南ドイツのバイロイトにある辺境伯オペラハウスは、国際連合の文化機関であるユネスコの世界遺産に登録されました。

世界遺産委員会はサンクト・ペテルブルクで会議を行い、このオペラハウスを「ヨーロッパにおけるバロック音楽を祝う文化特有の記念建造物」とし、ユネスコのドイツ委員会は声明を発表しました。

ブランデンブルク=バイロイト辺境伯フレデリック3世のために、イタリア人建築家ジュゼッペ・ガリ・ビビエーナによって1746年から1750年にかけて建てられました。オペラハウスには当時の絶対主義社会の象徴であった舞踏会用ホール、めずらしい縞模様の大理石と絵画で飾られた木造の楽屋があります。

「そればかりか、270年前と変わらない音響効果」とユネスコは言っています。このオペラハウスはドイツにおける37番目のユネスコ世界遺産となり、これによりドイツは世界遺産の最も多い国の一つとなりました。

こちらをクリックすると、南ドイツにあるバイロイトの辺境伯オペラハウスについての詳細がわかります

開館時間
•  10月 〜 3月 10:00〜16:00
•  4月 〜 9月9:00〜18:00
1月1日、懺悔火曜日、12月 24 日 ・25 日 ・31 日は休館。

追加情報:

Schloss- und Gartenverwaltung Bayreuth-Eremitage
Ludwigstraße 21
95444 Bayreuth
電話番号: +49 (0)921) 759 69-0
FAX: +49 (0)921 759 69-15
メール: sgvbayreuth@bsv.bayern.de
トップページ: http://www.bayreuth-wilhelmine.de


バイロイトの辺境伯オペラハウス image.enlarge
バイロイトの辺境伯オペラハウス © Bayreuth Marketing & Tourismus GmbH

バイエルンの町 »

バイエルンの都市の魅力とは。ここではバイエルンの旅に役立つヒントをご紹介します。

バンベルクの旧市街