バイエルン - ワインの世界

すでにローマ時代にここでブドウが栽培されていたという証拠が多く残っています。フランケン地方産の世界的に有名な赤ワインと白ワインの主なブドウ栽培地域は、主にアシャッフェンブルクからシュヴァインフルトのマイン川の谷とその支流の南側斜面に沿って広がっています。現在は7千のワイナリーが年間約5,000万リットルのワインを生産しています。これはドイツにある13のワイン生産地域全体のおおよそ6パーセントを意味します。
 

フランケンワインに関するより詳しい情報はこちら:

フランコニアワイン

フランケンワインのブドウの種類と栽培地域 »

この地方の世界的に有名な赤ワインと白ワインの主な栽培地域、およびバイエルンのフランケン地方の最も重要なブドウの種類について


image.enlarge
© BAYERN TOURISMUS Marketing