バイエルン森林国立公園 (Bavarian Forest National Park)

手つかずの山の景色が訪れる人々を魅了します。ほぼ95パーセントが森に覆われています。国立公園内には広大な森林地帯が多く、山の上から見る森の風景は素晴らしいものです。
ドイツの南東に位置するバイエルンでは、1970年に最初の国立公園が設立されました。1997年には全体の面積が243平方キロメートルにまで広がりました。自然を思うようにさせておく-これはバイエルン森林国立公園の考え方です。実際に、この規模でそのままの自然が残っているところはヨーロッパでもあまり見られません。シュヴァルツヴァルトが好きならば、バイエルンの森もきっと気に入ります。

ここを訪れると、森林が元の自然の姿に戻っていく変化を感じ取ることができます。

手つかずの山の景色が訪れる人々を魅了します。ほぼ95パーセントが森に覆われています。国立公園内には広大な森林地帯が多く、山の上から見る森の風景は素晴らしいものです。森はバイエルンとボヘミア地方の国境の山並みや、神秘的な沼地、水の澄んだ渓流、公園内唯一の氷河湖ラッヘル湖を覆っています。この地方特有の動物の種類は、降雪量の多さと大変厳しい大陸性気候と関係があります。600メートルから1,453メートルという大きな標高差も影響を与えています。また、この地域に戻ってきたワシミミズク、フクロウ、ワタリガラスや、カワウソ、ヨーロッパオオライチョウ、エゾライチョウ、スズメフクロウ、ミユビゲラは固有の動物です。標識の整備された300キロメートル以上のハイキングルート、約200キロメートルのサイクリングルート、約80キロメートルのクロスカントリースキーコースがあります。ここでは国立公園の美しさと特徴ある自然を夏でも冬でも楽しむことができます。

追加情報:

Nationalpark Bayerischer Wald
Freyunger Straße 2
94481 Grafenau
電話番号: +49 (0)8552 9600-0
FAX: +49 (0)8552 9600-100
メール: poststelle@fonpv-bay.bayern.de
トップページ: http://www.nationalpark-bayerischer-wald.de


image.enlarge
© Nationalparkregion Bayerischer Wald