バイエルン-食通にとっての天国

さまざまな地方料理と有名なビールを楽しんでください。バイエルンの味とは、家庭料理、グルメ料理、そして美味しいワインや素晴らしいビールを意味します。それぞれの地方に代表的な生産物があり、特有の料理と強く結びついています。アルゴイやバイエルンのシュヴァーベン地方では、肉料理にはシュペッツレと呼ばれる麺類、オーバーバイエルン地方ではゼンメルクネーデルという名のパンで作った団子、フランケン地方ではクルトン入りの団子が添えられます。
都市にも同じように名物があります:ミュンヘンにはヴァイスヴルストと呼ばれる白ソーセージ、ニュルンベルクとレーゲンスブルクには焼きソーセージがあります。魚が好きな人には、アイシュ川のコイやシュタルンベルガー湖のマスをおすすめします。

飲み物も食事や地域に合ったものがあります。バイエルンではビールは常に好まれます。北部ではどちらかというとドライなピルスナービールが、南部では麦芽の味が少し感じられるラガービールが飲まれています。泡の多いヴァイスビールはバイエルンでは大変人気があります。ビアガーデンや特別なイベントの際には「マース」と呼ばれる1リットルのジョッキでビールを飲みながら軽食を楽しみます。

丸いボトルでおなじみのフランケンワインは、軽食プレート(ヘッカーブロートツァイト)と「メーフィッシュレ(マイン川の小さい魚)」によく合うと言われています。最も人気があるのはわずかに花の香りのするミュラー・トゥルガウで、次に芳醇なジルヴァーナー、辛口のリースリングと続きます。赤ワインでは情熱的なシュペートブルグンダーが最も好まれています。

新進気鋭の料理人のグループが、バイエルン料理のオリジナルを再発見しました。彼らは洗練された技術と国際的な経験を生かし、古いレシピを今日の需要に合うように作り変えました。

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

ビアガーデン image.enlarge
ビアガーデン © Tourismusverband Chiemgau e.V.