バンベルク新宮殿とバラ庭園 (Bamberg New Residence and Rose Garden)

4つの棟をもつ新宮殿の建設は1613年から1703年にかけて行われました。化粧漆喰の天井を持つ40以上の儀式の部屋があり、家具やタペストリーは17世紀から18世紀のものです。この新宮殿の建設は二段階に分けられていました。1602年、領主司教フォン・ゲブザッテルの時代に、オーベレ・カロリーネン通りに面している後方の2つの棟がルネッサンス様式で最初に建てられました。その後1697年から1703年までの間、領主司教ローター・フォン・シューンボルンの時代にバロック様式の棟と大聖堂が完成しました。

この豪華な建造物には化粧漆喰の天井を持つ40以上の儀式用の部屋があり、家具やタペストリーは17世紀から18世紀のものです。皇帝の間の壁には16人の皇帝たちが実物より大きく描かれています。メルキオール・シュタイデルの作品です。
選帝侯の部屋、領主司教の住まい、古いドイツおよびバロック時代の絵画を集めたギャラリー(バイエルン州立美術館所属)は特に興味深く、レジデンツ宮殿にあるバラ園からは素晴らしい眺めを楽しめます。領主司教フリードリヒ・カール・フォン・シューンボルンがこの左右対称の庭園をバルタザール・ノイマンに設計させました。庭園には刈り込まれたライムの木が並び、かわいらしい庭園パビリオン(1757年に完成)があります。そのまわりには70以上の花壇に約4,500本のバラが植えられ、夏には色と香りに包まれます。

バンベルク新宮殿の開館時間
•  10月 〜 3月 10:00〜16:00
•  3月 〜 9月9:00〜18:00
1月1日、懺悔火曜日、12月 24 日 ・25 日 ・31 日は休館。

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

追加情報:

Schloss- und Gartenverwaltung Bamberg
Domplatz 8
96049 Bamberg
電話番号: +49 (0)951 5 19 39-0
FAX: +49 (0)951 5 19 39-1 29
メール: sgvbamberg@bsv.bayern.de
トップページ: http://www.schloesser.bayern.de


ノイエ・レジデンツバンベルク image.enlarge
ノイエ・レジデンツバンベルク © Bayerische Schlösserverwaltung