バイエルンの地理と概要

州の人口は1,250万人で、ドイツの南東に位置します。ドイツにある16州のうち最大の大きさです。

  • 位置

バイエルンの面積はドイツ全体のほぼ五分の一の占め、70,548平方キロメートルです。

バイエルンはオーストリア、チェコ、ボーデン湖を挟んでスイスと国境を接しています。ドイツ国内ではバーデン・ヴュルテンベルク州、ヘッセン州、チューリンゲン州、ザクセン州と接しています。

州都はミュンヘンです。ほかにも主な都市があります:ニュルンベルク、アウクスブルク、ヴュルツブルク、レーゲンスブルク、インゴルシュタット、フュルト、エアランゲンです。

ドナウ川とマイン川の2つの大きな川がバイエルンを流れています。バイエルンアルプスにはドイツ最高峰ツークシュピッツェがあり、標高2,962メートルでオーストリアとの国境でもあります。

バイエルンの景色は、4つのおもな地方に分けることができます:

  • 標高2,962メートルのドイツ最高峰ツークシュピッツェを含めたアルプス
     
  • 多くの湖があるアルプスの山のふもと
     
  • バイエルン東部のドイツで最初の国立公園があるバイエルンの森
     
  • シュヴァーベン-フランケン地方のケスタ地形


バイエルンはヨーロッパにおいて正確に測定された最初の地域です。

1984年のバイエルン憲法改正によって自然と環境の保護が重要とされました。ドイツアルプス協会はアルプスの環境を保護すると同時に、アルプスでの登山やハイキングのための設備を管理しています。

詳しい情報については、バイエルン歴史博物館をご覧ください。
 

こちらもぜひいかがでしょうか。:

1 von

バイエルン image.enlarge
バイエルン © Landesamt für Vermessung und Geoinformationen Bayern