バリアフリーのバイエルン州

バイエルンの伝統的なおもてなしは全てのお客様のためにあります。乳幼児のいる家族、移動や行動が困難な方、高齢の方も含めて、どなたもバイエルンでバリアフリーの休暇を楽しむことができます。

バリアフリーのバイエルンを体験する 
バイエルンには王宮、魅力的な都市、国立公園、印象的な自然風景、印象的な建物などのさまざまな観光スポットがありますが、ハンディのある方に対しても数多くの都市で宿泊地、輸送手段、文化、レジャー等を提供しています。視覚障害や聴覚障害を持つ方のためのガイドツアーはミュンヘン、レーゲンスブルク、ヴュルツブルクで、車椅子ツアーはバイエルンで多く開催されています。車椅子ハイキングやハンドバイク・ツアーはアルゴイ地方と2ヵ所の国立公園で実施可能です。ベルヒテスガーデン国立公園のガイドセンター「ハウス・デア・ベルゲ 」では自然を色々な角度から体験できます。また、ケーニヒス湖の遊覧船では聖バルトロメー修道院のすばらしい景観を楽しめます。バイエリッシャー・ヴァルトの高架木道やアルプシュピッツェの山上展望台アルプスピクスへはバリアフリー・アクセスが可能です。アルプスピクス展望台へはアルプシュピッツェ・ロープウェイを利用し、特殊構造の展望台からは壮大なパノラマと千メートルも下の谷の景色を同時に眺めることができます。

より詳しい情報はこちら:
www.bavaria.by/accessible-tourism